納骨堂の特徴

outside the cemetery

納骨堂と一言でまとめても、運営主体は大きく3つに区分されます。お寺が運営する納骨堂と、自治体が運営する公営の納骨堂、そして社団法人が運営を行い民営会社が案内や管理を行う納骨堂があります。
まず、寺院が運営を行う納骨堂ですが、寺院内の納骨堂と言ってもほとんどは檀家になる必要がありません。檀家ではないので納骨後にはお布施や寄付金を求められる事がありません。また、納骨前の宗旨宗派は問われませんが、納骨後にはお寺の宗旨宗派に沿った供養がされる事があります。
次に公営が運営する納骨堂では、自治体の申し込み条件を満たした人のみが公営の申し込みが可能になっています。その条件の一つが、その地域に住民票がある上で在住している事が第一の条件と言えるでしょう。他にも生前に申し込みを受け付ける所やそうでない場合もあり、その土地の各自治体によって条件が変わってきます。
募集を行い定員よりも多くの応募があった場合には、抽選で決める事もあり、応募すれば必ず公営納骨堂に遺骨を安置できるとは限られていないようです。この募集要項は自治体の広報などで発表している事が多いので、公営の納骨堂で考えている人は自治体からの情報をチェックしておきましょう。
そして民営の納骨堂は宗教法人や財団法人などの公益性がある団体が運営を行っています。そして広告や販売業務を民間会社が代行しています。公営や民営の差は特にないのですが、費用に関しては公営の方が費用は安く抑えられるそうです。

Copyright © 2016 もっと知りたい!納骨堂についてのアレコレ. All Rights Reserved | Design by W3layouts